伝え方

「コミュニケーションの魔法:言葉の選択が引き起こす『伝いたい 伝えたい』変化」


日常のやりとりで使うたった数の言葉が、時には状況をどれほど深く変化させるか、考えたことはありますか?

18歳のあなたが直面する様々なコミュニケーションのシーンで、言葉の選択がもたらす驚くべき変化に焦点を当てています。

伝えたい



✨🗨️ #コミュニケーション #言葉の魔法 #伝えたい伝いたい変化

広告

言葉が引き起こす要因

話すことが難しい

他の人との対話が不安で、言葉が詰まることはありませんか?

広告

聞くことが難しい

相手の話を理解するのが難しく、質問やリスニングスキルの不足を感じませんか?

自己表現が難しい

自分の意見や感情を適切に表現するのが難しく、伝えたいことがうまく伝わらないことはありませんか?

広告

コミュニケーション不足

孤立感を感じ、他の人とのコミュニケーションが足りないと感じませんか?

不適切なタイミング

会話やメッセージのタイミングを誤り、相手を不快にさせることはありませんか?

非言語コミュニケーションの問題

身振り手振りや表情のコミュニケーションが不十分で、誤解を招くことはありませんか?

批判的なフィードバックへの対処

批判的な意見やフィードバックに対処するのが難しく、感情的になることはありませんか?

共感力の不足

他人の感情や視点を理解しにくく、共感することが難しいときはありませんか?

人間関係の悩み

人間関係においてトラブルや対立が多く、解決策が見つからないことはありませんか?

自己主張が難しい

自分の意見や要求を適切に伝えるのが難しく、他の人に押し切られることはありませんか?

伝わらない原因

自己評価の低さ

自分の価値や能力を過小評価してしまい、その悩みを他人に理解してもらうことが難しい場合があります。

孤独感

孤独を感じることや、他人とのつながりの不足を伝えることが難しいことがあります。

感情の葛藤

複雑な感情を抱えている場合、その背景や理由を的確に説明することが難しいことがあります。

過度なストレス

高いストレスを感じている場合、その原因や影響を他人に理解してもらうことが難しいことがあります。

自己肯定感の欠如

自分自身を受け入れることが難しい場合、その悩みを他人に伝えることが難しいことがあります。

適応障害

新しい状況や環境に適応できない場合、その苦しみや戸惑いを他人に伝えることが難しいことがあります。

トラウマ

過去のトラウマや困難な経験による影響を伝えることが難しいことがあります。

自己表現の難しさ

自分の気持ちや考えを言葉で表現することが難しい場合、その悩みを他人に理解してもらうことが難しいことがあります。

社会的圧力

社会的な期待や規範に対する適合性に悩んでいる場合、その葛藤を他人に伝えることが難しいことがあります。

未来への不安

将来への不安や方向性の迷いを伝えることが難しいことがあります。

伝えられない原因

「話が伝えられない原因」と聞いて、多くの方が真っ先に考えるのは「結論から伝えていないから」でしょうか。 

 でも、ちょっと考えてみてください。

「結論」とは、そもそも何でしょうか?

仕事上のコミュニケーションにおいて、「一番伝えたい『結論』から伝えることが大事」ということを知っている方は、多いのではないかと思います。

しかし、「何が『結論』になるのか」までを、踏み込んで教わる機会はあまりなかったのではないでしょうか? 

結論とは「相手に伝えたいこと」です。

しかし一方で、結論は「自分が相手に何を求めているのか。そのうえで、なぜ伝えるのか」という、「伝える目的」でもあります。

伝える目的が定まっていなければ、伝える内容も定まらないですよね。 

 「あれもこれも伝えようとして、かえって上司から『何を言いたのか分からない』と言われる」という声を聴きます。

「結論」以前に、そもそも上司に「伝える目的」があいまいになっている…という場合が多々あります。以下の事例をみていきましょう。

考えが違う人とのコミュニケーションで悩んでいませんか?

異なる意見や考えを持つ人とのコミュニケーションは、理解を深め、対話を円滑に進めるために重要です。

以下は、異なる考えを持つ人とのコミュニケーションのための一般的なアプローチです。

対話を尊重する態度を持つ

相手の意見を尊重し、差異を否定せずに対話することが重要です。


相手が異なる意見を持っていることを尊重し、受け入れる態度を持ちましょう。

積極的に聞く

相手の意見や視点を理解するために、積極的に質問を投げかけ、その内容に深く入り込んでいくことが大切です。


相手の背景や経験について知ることで、なぜそのような意見を持つに至ったかを理解しやすくなります。

感情をコントロールする

意見の不一致が感情的な場面になりやすいですが、冷静な態度を保つことが重要です。

感情の高まりが避けられない場合は、一度距離を置いて冷静になり、再び対話することを検討しましょう。

共通の理解を見つける

相手と共通の地盤を見つけることで、対話の基盤を築くことができます。

共通の目標や価値観を見つけ、そこから出発してみると、対話がより建設的なものになるでしょう。

相手の立場に立つ

相手の視点や立場を理解しようとする姿勢は大切です。

なぜ相手がそのような意見を持つのか、その背景や経緯を考えることで、対話がより深まります。

言葉の選び方に気を付ける

コミュニケーションの中で使用する言葉は重要です。


相手を攻撃するような言葉遣いや、侮辱的な表現を避け、穏やかなトーンでコミュニケーションをとるように心がけましょう。

合意できる点を強調する

意見の相違がある中で、合意できる点を見つけ、それを強調することで、対話を前に進めやすくなります。

異なる考えを持つ人とのコミュニケーションは、挑戦的である一方で、多くの学びがあります。
正論を言うのはいいですが、それによって困る人や被害を受ける人がいることも想像しましょう。

伝える目的があいまいになっているNG例 

例)上司と部下の会話例
部下:「A社の高橋様から10時頃お電話がありまして、山田課長とのアポを16時以降に変更してほしいとおっしゃっていて、席を外されていたため、私が代わりに18時なら大丈夫と回答したのですが、17時はダメかとおっしゃっていて…」  上司:「………で、結局何がいいたいの?」 

「報告したい」のか? 

「相談したい」のか? 

「確認したい」のか? 

上記の場合、上司は話を最後まで聞かないと わかりません。

このように「上司に伝える目的」があいまいだと、最後まで話の着地点が見えないのです。

話を聞いている上司はイライラしてしまいますよね。 

 「伝える目的があいまいになっている」ことが、伝わらない原因として、真っ先に考えられます。

伝わらない6つの理由

伝えるべきことが理解できていない

話が長く抑揚がない

主語がない

事実と私見が混同している

伝えることを諦めている

相手の反応を見ていない

理由に合った方法で伝わるコツ


理由に合った方法で伝わるコツを身につけることで、必ず伝わるようになります。

まずは自分の話し方の癖から、伝わらない理由を考えてみませんか?

そして少しずつ練習をして伝え方改革を進めましょう。


学んだコトバで、人生が決まってしまいます。

日常のコミュニケーションにおいて、私たちの言葉選びは驚くほどの影響力を持っています。

適切な言葉を選ぶことで、私たちは思いや意図を正しく相手に伝えることができるだけでなく、関係性を築き、協力を促進し、誤解を避けることができます。

この記事では、言葉の力がもたらす驚くべき変化に焦点を当て、効果的なコミュニケーションがもたらす影響を探求します。

コミュニケーションは単なる情報の伝達を超えて、感情や考え、意図の共有を含む複雑なプロセスです。

私たちが使う言葉は、そのまま相手の心に響き、共感や理解を生み出すことがあります。


同じメッセージでも、表現方法やニュアンスの違いによって、受け取る側の反応は大きく異なるかもしれません。

しかし、言葉の力を最大限に引き出すためには、言葉の選択に慎重な注意を払う必要があります。

この記事では、具体的な例を交えながら、どのような言葉が効果的なコミュニケーションを築くのに役立つのかについて探求していきます。

言葉の選び方だけでなく、声のトーンや身振りなどの非言語的要素も含めた総合的なコミュニケーションのアプローチについても考察します。

コミュニケーションの魔法は、日常のさまざまな場面で私たちに効果的なツールを提供してくれます。

自分の気持ちや考えを正確に伝え、相手との信頼を築きながら、より深い関係を築くために、ぜひこの記事で紹介するアイデアを実践して見ませんか?

伝え方の基本3原則

  • 自分の頭の中をそのまま言葉にしない
  • 相手の頭の中を想像する
  • 相手のメリットと一致するお願いをつくる

正しい伝え方を学べば、一生アナタの財産になります。


あなたは、選ばれていますか?

伝えると伝わるとの違いの理由


知らず知らずに暮らしていると、人生の大きなことから小さなこと日々の何気ないことまで、気づかないまま結果があなたの知らない間に素通りしてしまいます。

あなたを最後まで守ってくれるのは、正しい伝え方です。

例えば、同じ大学卒業で同じ勉強をしてきた人なのに、就職試験で受かる人と落ちる人がいるのは、なぜでしょうか?

同じだけ学費を払い、同じだけ教室にいたのに。その理由は明快です。

その本人が、どう伝えたかです。

資格を取得する方が増えたと聞きます。

資格は確かに、目に見える武器として役立つものです。

私も資格を持っていますし、その恩恵も受けてきました。

ですが、それが全てと思わないでほしいのです。

数々の資格を持っているのに、なぜ就職が決まらない人がいるのでしょうか?

昇進しない人がいるのでしょうか?

それは資格以上に、会社にとって大事に思う何かがあったということです。

思わず人は目に見える資格ばかりを磨きたがりますが、それは10%しかありません。

残り90%は、あなた自身を魅力的に伝えられる、伝え方のコトバです。

それは、見せかけることとは違います。

伝え方のコトバの技術を持っている人は、働いても成果を出しています。

人は目に見えるものばかり手をつけたがるから、どうしても資格ばかり気がいってしまうのはわかります。

ですが、どちらかというと、伝え方のほうこそ差がつきます。

資格は多くの人がそれなりにもっているのに対し、伝え方は学んだことがない人がほとんどです。

勝負は、伝え方のコトバで決まります。

スグに使えて役立つ!正しい伝え方を学べば解決します。

これらの悩みは個人によって異なり、克服するためには練習や学習が必要です。

自己認識を高め、コミュニケーションスキルを向上させるために、コミュニケーションコーチングやトレーニングを受けることも役立つかもしれません。

人間関係で「わかってくれない」「動いてくれない」でお悩みなら、言葉の選択がもたらす素晴らしいお申込をしませんか?
広告

広告
伝え方
最新情報をチェックしよう!
>悩んでいませんか?

悩んでいませんか?

「あなたの幸せ、あなたとの信頼関係」を最優先に考えている人を選んでいますか?成功すコツは通常は1時間以上かかりますが、お時間がある時にパソコンやスマートホンでじゅくり、ブログやホームページをお読みになり解決へのキッカケを見つけませんか?

CTR IMG