高校生

将来どうしよう?18歳の女子学生から始める夢の実現の道


「将来どうしょう?」で悩んでいませんか?

夢を実現させたいなら、今どうしてもお伝えしたいことがあります。

特に、18歳の女子学生のあなたにとっては、人生の新たな章が始まる一番大切な時期で、その夢は無限大です。

あなたの「決断する」道を正解にすればいいんです。

しかし、

その夢をどのように現実にするかは、しばしば難しい問題となりますよね。

「あなたの将来についての答えは、誰もが持っているわけではなく、他人から教えてもらうものではありません。」

「わからなくなったときには、どうするべきかを考えるよりも、あなたがどうしたいのかを考えることが大切です。」

そう、あなたの「将来どうしょう」の答えは、まだ見つかっていないのかも知れませんが、あなたの心の中にしか存在しないのです。



このブログでは、夢を現実に変えるための具体的なステップを探求し、あなたが自分自身の未来を形成するための成功の道筋を提案してます。


✨🌸 #将来どうしょう?#女子学生 #18歳

広告

突然ですが、なんとなく生きていませんか?

あなたの人生には、正解はありません。

近所の手前や世間体が悪いから、みんなが就職しているから、どこか決めなければと焦ってサラリーマンとして、どこかの会社に就職できたとしても、「こんなはずじゃなかった」と感じ、最大で3ヶ月で仕事を辞める結果になりませんか?

昨今のテレビ報道で、早ければ入社日当日に退職代行業者に依頼をして、退職する学生で話題になりました。

就職で失敗したら、実家へ戻ればいいやって思ったりしていませんか?

戻れたとしても、実家で居心地が悪くなりませんか?

「働きやすさ」については、それは個々の職場環境や職種、そして個々の価値観によるところが大きいです。

もう、今あなたが働いているのであれば、「働きやすいですか?」と尋ねたいです。


確かに、女性の働きにくさは一部の状況では問題となっていますが、それは全ての職場や全ての女性に当てはまるわけではありません。

今の人生で本当に満足していますか?

世間がどうであれ、これからは「人の真似をして生きる」という考えを持たずに、あなたらしく生きていってほしいです。

他人の真似をして生きているつもりでも、世の中は甘くありません。

しんちゃんは、多くの一人暮らしのお客様を見てきました。

一番の敵はあなた自身の心です。
これは、「自分自身の限界や不安が、最大の障害になることがある」という意味です。

何度も言いますが、あなたが本当にやりたいことを見つけてほしいのです。

3ヶ月で辞めたいと思っている

現在は昭和の時代とは異なり、インターネットが普及して企業の評判や口コミをパソコンやスマートフォンで簡単に調べることができます。

もし、あなたがサラリーマンとしてどこかの企業に就職を考えているなら、あなたが本当にやりたい仕事なのか、どのような企業風土なのかなど、徹底的に調べてから『決断』するのは遅すぎることはありません。

「あなたの人生は思い通りにはなりません、あなたが行動した通りの人生になります。」

人生は、ただ願うだけではなく、実際に行動を起こした結果として形作られるということを表しています。

「どんなきっかけで、あなたの本当のやりたいことが見つかるかもしれません。」

予期せぬ出来事や経験が、自分の情熱や目的を発見する手がかりになることがあります。

「やりたいことって、やってみないと見つかりません。」

実際に何かを試してみなければ、自分が本当に何を望んでいるのかはわからないということです。

「やりたいこと」いっぱいあるんだけどな~あ、と思っているそこのあなた、気が付けばもう、しんちゃんみたいに70歳近くになっているかも知れませんよ。

「失敗を恐れず、『決断する』ことで、人生の答えに近づけるかもしれません。」

恐れを乗り越えて決断を下すことで、人生における重要な洞察や解決策を見つけることができるという希望を示しています。

いいですか、
もう一度言います。

あなたが選んだ道を正解にすればいいんです。

広告

広告

成功への道筋

『ふと』想い浮かんだアイデアは、すぐにメモしておかないと、あっという間に忘れる昭和時代のしんちゃん。

あなたは、大丈夫ですか?

むしろ、自分の考えや気持ちを言葉や文章で表現することは、心の健康に良い影響を与えるようです。

だからこそ、しんちゃんは、

『言葉』が想い浮かんだ瞬間に、すぐに書き留めることで、大切なアイデアを逃さないようにメモ帳とシャープペンシルを持ち歩くようになりました。

しかし、

いまどきのスマートホンを操作をすれば、昭和の時代から生かされてこれた、アナログのしんちゃんにも、例えば、音声メモ機能を使って、手が塞がっているときでもアイデアを記録することができるかも知れません。

あなたは、普段から「考える時間」、「相談相手」、「ノート、メモなどツール」を持ち歩いていますか?

そして、自分の考え方や気持ちを言葉や文章で伝える習慣をクセづけると、誰かとしゃべっているような気持ちになり、精神的にしんちゃんの心は、『ラク』になり、これからの人生を楽しめるようになりました。

要するに、最後はあなたが「自分で決めて、自分の人生を生きる」と言うことです。

親の言うとうりに生きる。

他人の顔色をうかがう。

他人と比較する。

他人と同じことをしないと安心できない…。

本当にそれでいいんですか

これらは、すべて「他人の人生」を生きていることです。

アドラー心理学では「他人の人生」を生きることは最悪の生き方だと語られています。

「やりたいこと」「進みたい道」など重要な決断のときに、親や他人に頼ると、その瞬間は『ラク』ですが、必ず『後悔』します。

なぜなら、
あなたの『本心』とは違うからです。

ある日、
近鉄電車に乗っていた時のエピソードです。

親子連れらしき(父親、母親、こども18歳くらいの女性)の3人の話し声が、たまたま、しんちゃんの耳に聞こえてきました。

女性2人は、横すわりの座席に座って父親らしき男性は、その前に立った状態でした。

その娘さんらしき18歳くらいの女性が、父親らしき男性に、「一人暮らしをしたいんだけど」と言ったところ、お前には、無理だ。と言っていました。

あなたは、どう思いますか?

よくあるある、

親子の会話かも知れませんが…。

しんちゃんは思いました。

時代が変わっても人の心や考え方は変わらないんだな~あと、

そんなときは、次のような提案があなたに、役立つかも知れません。

ありがとうの魔法

人は、一人でいると「ヒト」ですが、喜ばれるように生きて行くと、人と人の「間」で生きる「人間」に変わります。

人の間で生きると言うことは、「あなたが必要とされている」と言うことです。

「人の間で喜ばれる存在になること」「ありがとうと言われる存在になること」にほかなりません。

広告

広告

具体的な例を挙げてみます

  1. 「人は、一人でいると「ヒト」ですが、喜ばれるように生きて行くと、人と人の「間」で生きる「人間」に変わります。」
    • 例えば、ある人が一人で山に住んでいるとします。その人は他人との関わりがないため、「ヒト」として存在します。

      しかし、その人が山から降りて町に住み、他人と関わりを持つようになったとき、その人は「人間」としての存在になります。他人との関わりの中で、その人は喜ばれる存在になり、自分自身を形成していきます。
  1. 「人の間で生きると言うことは、「あなたが必要とされている」と言うことです。」
    • ある人が料理が得意で、その料理を通じて周囲の人々から感謝されるとします。その人は他人から必要とされ、価値を認められています。

      その人が料理を作ることで、他人との関わりが生まれ、その人は「人間」としての存在意義を見つけることができます。
  1. 「「人の間で喜ばれる存在になること」「ありがとうと言われる存在になること」にほかなりません。」
    • ある人が医者で、患者の治療を通じて「ありがとう」と言われるとします。

      その医者は他人から感謝され、喜ばれる存在になります。

      その医者が患者を治療することで、他人との関わりが生まれ、その医者は「人間」としての究極の目標を達成することができます。

これらの例は、人間が他人との関わりの中で自己を形成し、価値を見つけ、目標を達成するという考え方を具体的に示しています。

ご理解いただけていますでしょうか?

親や他人から反対される理由

突然ですが、他人や親から一人暮らしを反対されていませんか?

  1. 心配:子供の安全や健康に対する心配があるため。
  1. 経済的な理由:一人暮らしには多くの費用がかかり、経済的な負担が心配な場合。
  1. 経験不足:子供が生活管理や自己管理をするのに十分な経験がないと感じる場合。
  1. 情緒的なつながり:家族と離れることに対する情緒的な抵抗感がある場合。
  1. 教育やキャリア:学業やキャリアの進路に影響を与える可能性があると考える場合。

これらは一例ですが、家族間でオープンなコミュニケーションを持つことで、父親の懸念を理解し、共通の解決策を見つけることができるでしょう。

また、娘さんが自立に向けて具体的な計画を、示すことで、父親を納得させることが可能かもしれません。

どちらにしても、

あなたは、

『自分の人生』を生きるべきです。

簡単です。

ちょっとしたことでも『自分で決める』クセをつければいいんです。

自分の夢を見つける方法

夢を見つけましたか?想像を超えた未来を創造していますか?

99人に馬鹿にされても、1人が支えてくれればそれで十分です。

夢は簡単には叶わない。それが夢だからです。

挑戦する勇気

何事にも全力を尽くしていますか?

お金がなくても、言えない悩みがあっても、考え抜けば知恵が湧き、解決策が見つかるかもしれません。

他人の目

他人から笑われても、それがあなたを止める理由にはなりません。

まだ気づいていない隠れた才能があるかもしれません。

本当に諦めてしまっていいのでしょうか?

他人はあなたのことを思っているほど気にしていません。親でさえもそうかもしれません。

例えば、あなたの親から○○○○しなさい、と命令口調で言われたり、否定的な言葉「ダメだよ!」『お前はできない」「いつもだらしない」「お前には○○ができないから」と、あなたの自尊心や自信を傷つける言葉を言われたことはないですか?

昭和時代、そんな言葉を親から言われたしんちゃんのは、もう二度としゃべるかい、やる気を伏せてしまった時期がありました。

他人から、否定的な言葉や命令口調によって自尊心や自信が傷つく言葉なら『あなたは何様のつもり?』と言い返していたかも知れません。

親であろうが、他人であろうが、そんなつもりで言っていないと思っていても、相手から言われたあなたが、どのように感じたかが、すべてです。

どう言うふうに聞いていいのか
わからないアナタへ

なんで、という

質問の仕方がわからなかったり、
疑問を感じたことはありませんか?

否定的な言葉に負けず、自分の感じたことが大切です。

相談と創造性

誰かに相談できる人を見つけることは大切です。

あるとき、
保健センターへ電話した時のことです。

この人なら、本音で話せるかもと思ったのですが、同じ人には相談ができないという事でした。

公的機関の決まり?で止む無くそのときは、あきらめるしかありませんでした。

精神科は、曜日によって担当医が決まっているようでした。

う~む

しんちゃんだけかも知れませんが、人って分かってもらえそうな人にしか、相談はしないと思います。

あなたはどう思いますか?

朝風呂のようなリラックスした瞬間は、アイデアが湧きやすく、創造的な活動に適しています。

情報の時代

あまりお金をかけなくても、うらやましいくらい昭和時代のしんちゃんには、手の届かなかった
あなたの言いたいことが、誰にでも、世界中に発信できる時代がやってきました。

このブログは、将来の選択肢を探しているあなたのための羅針盤です。

インターネットが普及し、誰でも世界中に自分の言葉を発信できる時代になりました。

このブログは、後悔のない人生を送りたいあなたのための羅針盤です。

自己との闘い

最大の敵はあなた自身の心です。

昭和時代の経験から学び、一歩踏み出す勇気を持つことが大切です。

試練 乗り越え方

試練は、人を選びます。

成長したいと思って、しっかり行動している人のところにしかやって来ません。

成長意欲のない人は素通りしていきます。

あなたは、「選ばれた人」なのです。

言い換えれば、試練とは成長したい人にだけ与えられる特権です。

そんな特権をあなたはみすみす逃してしまうのでしょうか。

乗り越えるためには、これまで培ってきた知識・スキル・経験にプラスして、自分の枠を超える発想と行動が求められます。

カンタンではないかもしれませんが、こう言われると、俄然やる気が湧いてきたのではありませんか。

乗り越えられるかどうかは、すべてあなた次第です。

そうやって頑張って乗り越えたあなたは、以前よりもひと回りもふた回りも成長しています。

乗り越えた自分を誇らしく思うとともに、試練にも感謝したくなるはずです。

1度でも試練を乗り越えた人は、次に来たときには、こう言って歓迎するようになります。

「自分が成長するチャンスが来た」と――。

君たちはどう生きるか

米映画芸術科学アカデミーが主催する第96回アカデミー賞の授賞式が10日(日本時間11日)、米ロサンゼルスで行われ、宮﨑駿監督の長編アニメ映画「君たちはどう生きるか」が長編アニメーション賞を受賞しました。

「君たちはどう生きるか」映画館情報です。 ↓ ↓  ↓
https://theater.toho.co.jp/

toho_theaterlist/kimitachihadouikiruka.html

ペット

人生を変えるための第一歩

私たちはよく、世間の目や周囲の期待に振り回されがちです。

「みんながやっているから」という理由で選んだ道が、本当に自分に合っているかどうかは、誰にもわかりません。

あなたがもし、今の仕事や環境に疑問を感じているなら、それは自分自身と向き合う大切なサインかもしれません。

「こんなはずじゃなかった」と感じることは、新しい自分を発見するチャンスです。

実家に戻ることが一時的な退却に思えるかもしれませんが、それもまた、自分を見つめ直す時間を得るための一歩かもしれません。

働きやすさや女性の社会進出は、国によって大きく異なります。

しかし、それはあなたが自分の道を見つける上での障害ではなく、乗り越えるべき課題の一つに過ぎません。

他人の真似をして生きるのではなく、自分の心が求める生き方を見つけることが大切です。

あなたがもし、自分だけの人生の答えを見つける旅に出るなら、その一歩が、これからの人生を豊かにすることでしょう。

朝起きれないあなたへ

漫画家、鳥山明さん(68歳)は、朝が起きられずサラリーマンには致命的、家から毎日500円をもらって、喫茶店に遊びに行っていたそうです。

そうするとどうでしょう。

そこに、漫画本が置かれていて、たまたま、まんがのコンステントに応募したキッカケで漫画家の人生が始まったそうです。

いいですか、

もう一度言います。

何が言いたいかと言うと、あきらめなければどんなきっかけで、あなたのやりたいことが見つかるかも知れないということです。

生計を立てる成功例

ある女性が自分の特技をYouTube動画をインターネットで発信したところ、ある人の目に止まりコンテストに出てみたらどうですか?

と誘われ、そのキッカケで有名になられて、好きな特技で収入が得られるようになりました。というお話がありました。

こんなことくらい誰でも、知っているし、できるのではと、勝手にあなたは思い込んでいませんか?

人生でやらなかったことで後悔してほしくないので、困難は多くあるかも知れませんが、覚悟を持って勇気を出し行動してみませんか?

例えば、サラリーマンに勤務されていて、就業規則に副業禁止と記載があるようでしたら、担当の人に『聞いてダメで元々』くらいの気持ちで、たとえば『副業ってどうしてもだめなんですか?』と聞かれてみてはいかがでしょうか?

もう日本は、昔と違いあなた自身の責任で生きて行かなければいけない時代に入っています。

大丈夫ですか?

一日も早く気づいて、勇気を持って行動し、しんちゃんの昭和時代には叶えられなかったあなたの夢をお手伝いします。

人生の選択方法

あなたが、将来の夢や目標を見つけるために、自分自身と向き合って考えませんか?

以下、提案します。

  1. 自分の興味を探る: 何に興味を持っているかを考えてみましょう。趣味や好きなこと、過去に楽しんだ経験などから、自分の興味を探りましょう。
  1. 周りの人と話す: 友人や家族と将来のことについて話すことで、新たな視点やアイデアが得られるかもしれません。
  1. 自分の強みを知る: 自分の得意なことや特技を考えてみましょう。それが将来の仕事や進路にどう活かせるかを考えてみてください。
  1. 進学先を探る: 大学や専門学校のオープンキャンパスに参加して、学びたい分野や雰囲気を感じてみましょう。自分に合った進学先を見つけることが大切です。
  1. 自分の夢を想像する: 自分が理想とする未来をイメージしてみてください。どんな仕事をしているか、どんな生活を送っているかを考えることで、やりたいことが見えてくるかもしれません。

困難から学び直し

失敗や困難は成長の道しるべです。

突然ですが、しんちゃんは、何をやっても上手くいかず、心が闇に覆われてしまい、抗う手段さえ見つからない状態でした。そんな時、武田信玄の名言を思い出しました。

「一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳が出る」

この言葉を胸に、一生懸命に取り組んだ結果、心配していたお金の問題も、「生みの苦しみを味わいながら、自分の頭脳で考え抜いた結果、知恵が湧いてきて解決し、ほっと一息つけました。」

その後も、人生を左右する大きな選択が何度もありましたが、その都度、自分の感性を信じて道を選んできました。

苦しいこともたくさんありましたが、一度決めたことを途中で投げ出さずに、真剣に取り組んでいくと、必ず周りの誰かが助けてくれました。

その歩みを振り返ると、自分は考えられないほど多くの方に支えられ、関わっていただいたことに気づきました。やはり、人は一人では生きていけないものです。

今では、それらは苦い思い出となっていますが、自分の頭脳で考えて知恵を絞り出すことには、一切お金はかかりません。

あなたは、何事も思い通りにならないと勝手に思い込んでいませんか?

人生は、あなたが行動した通りになります。

もし上手くいかないのなら、自分の頭脳で考えて、知恵を絞り出してみませんか? お金はかかりませんよ。

どんな成功者でも、まずは行動して失敗します。

情熱を持って挑戦しなければ、成功はありません。

嘘だと思うなら、成功者に聞いてみてください。

しんちゃんの考え方は、人から見れば「バカなおっさん」かもしれません。

しかし、世の中には、こんな変わり者の「おっさん」が一人くらいいてもいいのかもしれません。

生かされている限り、これからもずっと思い続けていくことでしょう。

灯台

情熱の重要性

嫌なことをしているとき、時間がどれだけ長く感じるか、よく知っていますね。

しかし、その逆もまた真実です。

遊んでいるときは、あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。

ひっよとして合わない仕事でずう~と、家族のために我慢して続けているんですか?

大丈夫ですか?

ストレスが溜まっていませんか?

本当に大丈夫ですか?

嫌なことは、時間の経つのが遅く感じますよね。

しんちゃんの体験から、生きる為だけに我慢して収入を得ていたら、人間関係がキッカケで、もっと嫌になり何度も仕事を辞めたくなり『もう働きたくない』と思っていました。

同じような感情になることはありませんか?

引っ越し業を営んでいると、お客様ご本人やご両親の本音を耳にすることがあります。

このブログを開設するキッカケとなった理由の一つは、ある単身女性の引っ越しのお客様の『もう働きたくないんです。』の一言が始まりです。

興味

幸せになる近道

しんちゃんが「き・く・あ・の思想」すなわち、「(き)競わない」「(く)比べない」「(あ)争わない」を提案するのは「競わないこと」・「比べないこと」・「争わないこと」が幸せになれる近道かも知れません。

専門家のサポート

しんちゃんは、むかし幾度となく心療内科を受診しました。

感情を克服するために、カウンセリングや心理療法を受けること、心療内科の受診をおすすめします。

しんちゃんみたいに、

うつ病

そうならないためにも、

好きなことや、得意な仕事なら『あっという間』に時間が過ぎて、収入が得られたなら心にゆとりができ、楽しく長続きしますよ。

サラリーマンでも自営業でも、アナタが好きなことをやっていたらモチベーションも気にすることもなく収入に結びつけれるような生活を送ってほしいな~あと思っています。

本来、親と一緒に住んでいる間に、自分の子供は何が得意か、何が向いているのかがわかり、例えば、幼稚園や保育所から小学校に入る時、小学校から中学校に入る時、中学校から高校に入る時、高校から大学に入る時、の節目にアナタにアドバイスをするかも知れません。

アドバイスはありましたか?

なかには、親と不仲で素直に聞けなかったアナタかも知れませんね。

いろいろな事情で悩みの多いアナタへ。

しんちゃんみたいに、年齢を重ねてからこんなはずではなかったとならないために、行動しませんか?

職場の文化や風土、価値観が合わないと感じた場合、自身に合った環境を求めて、転職を繰り返さないため、一刻も早く、本当のあなたを見つけるために、このブログがキッカケとなりアナタの目標や価値観に合った道を見つけることができれば嬉しいです。

しんちゃんの父親や生みの母親、育ての母には感謝する一方で、進路については一切触れられず、世間知らずで勉強が苦手だったため、「将来どうしよう」という問いすら思い浮かばないまま、ぼんやりと暮らしていました。

親から勉強は?と口癖のように言われていたのにと、その時はずう~と後悔していました。

しんちゃんの子供には、小学校に入る時、中学校から高校に入る時、高校から就職する時に、しんちゃんの苦い過去の、にのまえをしてほしくないとの想いを込めて具体的にアドバイスをしたところ、素直に聞いてもらえ嬉しかった記憶が残っています。

あなたらしさを大切にしていますか?

親や他の人がどう思うかよりも、アナタが何を大切にし、どう生きたいかです。

このブログが、あなたの心に何かしらの火を灯し、将来への一歩を踏み出す勇気とインスピレーションを与えることを願っています。

失敗や困難は成長の糧であり、変わりもんしんちゃんの経験が、あなたの人生に新たな可能性をもたらすかもしれません。

自分の道を切り開くために、一日一日を大切にして一生懸命に生きることが、未来を明るく照らす光となります。

ぜひ、今日から行動に移し、新しい一歩を踏み出してみてください。

あなたの未来は、今この瞬間から変わり始めるかもしれません。

被害や詐欺に合わないため

『将来どうしょう』って悩んだときや、なかなか仕事が決まらない時に焦ってしまい、ふと、しんちゃんも幾度となく思っていました。

「働かなかったらどんなに楽だろう」とか思ってしまっている自分の心の隙間(すきま)に「あなたにとって美味しい話し」が不思議とあなたに寄り添ってくるかも知れません。

そんなとき、あなたならどうしますか?

巧妙な手口で騙してきますよ。

大丈夫ですか?

くれぐれも騙されないで欲しいのです。

ひよっとして弁護士の先生って被害に合ってからしか相談ができないとか思っていませんよね。

弁護士無料相談で

遠慮せずに、騙される前や被害に合う前に、例えば、こんな話しがあるんだけれど、本当でしょうか?と聞いてみるのがいいです。

大切なあなたの人生のために。

驚き

このブログ記事を読むべき理由

  1. 自己探求と自己啓発:このブログは、未来への不安を抱えるあなたに、あなた自身の道を見つけるための一歩をご提案しています。あなたらしさを大切にし、情熱をもって未来に向かって歩むことを奨励しています。
  1. 実体験に基づくアドバイス:ブログの作者であるしんちゃんは、自身の体験を交えて行動への踏み出し方を伝えています。成功者も失敗を経験し、一生懸命に生きることで見えてくる知恵を共有しています。
  1. 具体的な悩みへの解決策:このブログは、具体的な悩みや誰にも理解されそうにない悩みに対する解決策を提案しています。これは、あなたが自身の問題を解決するための具体的な手段を見つけるのに役立ちます。
  1. 人生の節目での支援:18歳は人生の重要な節目であり、多くの変化と決断が求められる時期です。このブログは、そんな時期にある、あなたに対する支援を提案しています。

将来の夢が見つからないあなたへ

将来の夢がないんです。

やりたいことも無いし、勉強もしたくない悩んで。

未来がわからなすぎてどうしょう…。と、悩んでいませんか?

日本の教育システムって、本当は凄く残酷なんです。

小さい時は、みんなと仲良くしましょう。

人をいじめてはいけません。

困っている人には、親切にしましょう

と、大事に大事に育てられます。

学校の勉強も、

五教科に特化した内容を繰り返し教え、

社会に出てからのことなんてほとんど教えなかった昭和時代。

そのうえ、ある一定の時期になると

世の中にどんな仕事があるのか、

あなたにどんな適性があるのか、
ほとんど教えることもなく

「あなたに合った仕事を選びましょう。」と

一方的に社会に放り投げます。

実社会にでると

当たり前のように競争社会が待っています。

当たり前のように、社会人として資質を求められて、他人を蹴落としても、時には騙し討ちのようなことをしても、結果がすべての社会です。

そんなシステムですので、すぐに若い方が職を転々としてしまうんです。

子どもたちのなりたい職業ランキングが、この数十年変わらないのは、そういった背景の理由からだと思っています。

目で見える範囲の仕事しか知らないです。

しんちゃんが今の仕事に巡り合えたのは45歳の時です。

前置きが長くなりましたが、若い方には是非にやってほしいことがあります。

まず、

世の中にどんな仕事があるのか、徹底的に調べる時間を作ってください。

そして、あなたが興味を持った仕事、やってみようかと思った仕事を書き出し、その仕事に就くにはどうしたらいいのかを調べてください。

きっと、
いろいろな制限があるかも知れません。

それは、

年齢だったり、

学歴だったり、

資格だったり、

性別だったり、

国籍だったり、

そこで初めて

「自分のための勉強」をしてほしいのです。

そうやって就いた仕事だったら、きっと長く働けるでしょうし、仮に上手く行かなかったとしても、そこまでした経験は、必ず若いあなたの糧になります。

あなたは、まだまだお若いのですから、いくらでも、どんな道にでも進める可能性があります。

たくさんあなた自身のための学び直しの時間を取り、素敵な社会人になられてください。

まとめ

このブログでは、18歳の女子学生が自分の未来を形成するための具体的なステップを提案しています

以下にまとめたステップは、自分自身の未来を形成するための道筋として提案されています。

それぞれのステップは、あなた自身の夢を現実にするための具体的な行動を示しています。

  1. 自分自身の限界や不安を乗り越える:自分自身の限界や不安が、最大の障害になることがあると指摘しています。
  1. 行動を起こす:人生は、ただ願うだけではなく、実際に行動を起こした結果として形作られると述べています。
  1. やりたいことを見つける:実際に何かを試してみなければ、自分が本当に何を望んでいるのかはわからないということです。
  1. 失敗を恐れずに決断する:恐れを乗り越えて決断を下すことで、人生における重要な洞察や解決策を見つけることができるという希望を示しています。
  1. アイデアをメモする:「ふと」想い浮かんだアイデアは、すぐにメモしておかないと、あっという間に忘れると述べています。

行動力の重要性、具体的な行動の提案、失敗からの学び、そして『パーソナルグロース』のテーマを通じて、しんちゃんは18歳、女子学生の可能性を最大限に引き出すための道筋を描きました。

ブログを立ち上げた理由の一つに「将来どうしょう?」の答えが見つからないまま、人生を終えてほしくない「しんちゃん」の想いが、今のあなたに伝わればと思っています。

なぜなら、引っ越し業をおこなっていますと、時折、契約者本人のお嬢様やお母さまからの本音を聞ける機会がございます。

例えば、ご契約者様のお母さまの本音として、大学は卒業したものの、就職もせず実家に戻ってくるお嬢様のことを「何かを、して生きていってもらわなあかん。」としんちゃんにポロリ。

また、3月に大阪の会社へ就職はできたものの、僅か3ケ月の5月連休後に田舎へ戻ってくるとき、冷蔵庫2つも、どうしよう。お母さまの独り言。

さらに、住み込みの寮から転職先の寮へ引っ越しをする契約者ご本人のお嬢様からは「もう働きたくないんです」と言う声を少なからず、耳にすることがありました。

しんちゃんの知識と経験を活用して、あなた自身の夢を追求し、それを実現するための具体的なステップを踏み出しすために、あなたにとって、どんな人生が良いのか、きちんと決めないといつまでも手に入りません。

わからなくなったら、どうするかよりどうしたいかを考えたほうがよいです。

広告
高校生
最新情報をチェックしよう!
>悩んでいませんか?

悩んでいませんか?

「あなたの幸せ、あなたとの信頼関係」を最優先に考えている人を選んでいますか?成功すコツは通常は1時間以上かかりますが、お時間がある時にパソコンやスマートホンでじゅくり、ブログやホームページをお読みになり解決へのキッカケを見つけませんか?

CTR IMG